ED啓発大使といえばペレ

満足をしている男性

最近、インターネットや雑誌の広告欄などによくインポテンツという言葉を目にします。
実際、日本人中高年の約8割の男性がインポテンツに悩んでいます。
しかし病院に相談に行く男性は10人に1人くらいの割合で、ほとんどの男性がなかなか受診することに抵抗があるようです。

2002年からサッカーで世界的に有名なペレ氏がED治療薬大手の製薬会社のED啓発大使として活動を開始しています。
彼はEDではないが、自分の取り組みで少しでもEDに悩んでいる男性が病院に相談して改善できるようにとの願いからこの取り組みを始めました。

確かに男性にとってEDは大きな悩みです。
30代から40代にかけて始まる人が多く、 過度なストレスや生活習慣、病気などによって引き起こされます。
特にセックスの時に勃起しないことは自分が傷つくだけではなく、パートナーも悲しむ結果になってしまいます。
EDは肉体的な問題だけではなく、その人の人生についてもマイナスに作用してしまうことになってしまいます。

ED改善にはいくつか方法がありますが、勃起力の低下程度であれば、精力増大サプリメントの飲用やペニスマッサージ、ペニス増大器具の使用が効果があります。
特にサプリを飲用しながら、マッサージや器具を使用することで、時間と費用はかかりますが、日頃からペニスの鍛練で改善できる場合が多いです。

一番手早い方法は、病院に受診してED改善薬を処方してもらうことです。
薬の効果としては、全身の血液循環を良くして、海綿体に集まる血液を充足させ、ペニスを半強制的に勃起させます。
多くのインポテンツに悩む男性は過度なストレスによる症状が多いため、サプリの使用などは効かない場合が多いのです。

もしあなたがインポテンツに悩んでいるならば、ペレの言葉を思い出して、病院受診をしてみてはいかがでしょうか。
男らしさを取り戻し、もう一度あなたのパートナーと素敵な性生活を送りましょう。